黒犬ハル日和

左脳派理系女子が綴る 人 と 動物 の セルフ・ヒーリング・セラピー

バッチフラワーレメディの使い方

ご自身のオリジナルレメディをブレンドしたボトル(トリートメントボトルと呼びます)の場合の使い方です。

【分量と回数】
バッチフラワーレメディを飲んで、変化を期待するためには、
必要最低限のエネルギーを「少しずつ」取り入れて
「少しずつ」バランスを取り戻してゆくことが必要です。
そのための飲み方として、バッチセンターのガイドラインでは、
1回4滴、1日4回以上」飲むことを目安としています。

1日に4回飲むとして、朝・昼・晩・夜と規則正しく飲めない場合には、
(1)朝起きた時、(2)出勤前、(3)帰宅時、(4)就寝時でもかまいませんし、
お茶やミネラルウォーターのペットボトルに、4回分のレメディを入れて持ち歩き、
1日かけて飲んでもかまいません。
また、飲みたいときは、何回も飲んでもかまいませんので、
ライフスタイルに合わせて、飲みやすいように工夫してみてください。

必要なエネルギー量には個人差がありますので、
人によってはガイドラインより少なくても変化を感じる場合もあるでしょうし、
もっと多くの量が必要な場合もあるかもしれません。
初めての方は、ガイドラインに沿って飲んでみてください。

【飲み方】
レメディは何に入れても大丈夫です。
お茶やジュース、コーヒー、お味噌汁、お酒でもOKです。
食事に振りかけてもよいですし、直接ボトルから飲んでもかまいません。
*火にかけるお料理に入れる場合は、沸かしたあとや煮立ったあとに入れてください。
*直接ボトルから飲むときは、スポイトが口や舌につかないようにして雑菌の混入を防いでください。

【保管】
トリートメントボトルは冷蔵庫で保管し、早めに使い切るようにします。
長時間持ち歩くなど気になる場合、
茶さじ1杯程度のブランデー(他の蒸留酒でも可)や
ビネガーなどを入れて使うこともあります。

【動物さんへの与え方】
動物さんには、飲み水に入れたり、水分を含みやすい食べ物に吸収させたり、
肉球に刷り込んだり、スプレーで体に吹きかけたりします。
直接ボトルから飲ませても構いませんが、スポイトが口や舌につかないようにしてください。

【おかわり】
1回4滴、1日4回以上の頻度で飲んでいると、
おおよそ1ヶ月前後で飲み終えます。
飲み終えた頃に、自身の状態をふりかえってみて、
あらためて必要なレメディを選んでいきます。

あるいは、飲んでいる途中で、感情や精神状態に変化が生じてきて
気になる場合には、ブレンド数の上限7種類の範囲で、
レメディを追加する場合もあります。