黒犬ハル日和

左脳派理系女子が綴る 人 と 動物 の セルフ・ヒーリング・セラピー

自分にとって大切なこと

1日遅れで親戚の訃報を耳に。
言わなかった父にすれば、心配するだろうから、
今言わなくてもという配慮のつもりだったらしいが、
私にすれば「なんで直ぐに言ってくれないの💢」
という怒りが一瞬湧き上がったものの、
確かにそういう気の使い方も世の中にはあるのかもしれないという気持ちに。
 
なんかやるせない気持ちのまま、
兄に連絡すると、オレは行ってくるよという返信が。
 
「!」
 
そうだ!
なんでそういう発想が最初に出てこなかったんだろう、
怒ったり悲しんだりしてる場合じゃなかった、
宇宙の果てじゃないんだし、行きゃあいいんだと!
ちょっと体調を崩してたのが災いしたのだろうか、、、
そして、いつもこの兄に助けられる。
 
とんぼ返りになって結構タフだったけど、
行ってよかった、行けてよかった。

f:id:ac_bach_diary:20170729152339j:plain

 「自分にとって何が大切なのか」
そこを見逃すと自分が後悔するということ。
  
何十年かぶりに従兄弟やその家族たちにも会えた。
いろんな昔話に話を咲かせたり、近況を確認したり。
 
不義理をして切れそうになっていた「縁」を
叔父さんがつなぎ直してくれたよう。
生きているうちに会いに来れなくてごめんね、
そして、ありがとう。
 
当たり前のように続くように見える毎日、
でも今日を迎えられること自体が奇跡なのだと、
「今の大切さ」も叔父さんからのメッセージ。
 
お坊さまのお話で耳に残ったのが往生という言葉。
「この世を去って、極楽浄土に往(い)って、生まれること」
なのだとか。
 
グルメで旅行好きな人だったので、
今頃は、向こうに往(い)って、
大好きな物を食べたり、
行ってみたかったところにぴゅ〜っと行って写真撮ったりしてるかな。