黒犬ハル日和

左脳派理系女子が綴る 人 と 動物 の セルフ・ヒーリング・セラピー

胃捻転:「神経質」な気質、その奥にある感情を聞き出す。

犬の手作りごはんのお師匠さま、
まさこさんからのご依頼をいただき、
犬息子の楽さんとアニマルバッチコンサルテーションを
行わせていただきました。f:id:ac_bach_diary:20170719171343j:plain

【ご依頼内容】
今回の楽の胃捻転ですが、色々と調べたら、
神経質な子がなりやすいとのこと。
神経質な場合に、バッチフラワーレメディの
クラブアップルが良いらしいとの情報がありました。
フラワーレメディを処方してもらえませんか?
とのご依頼。

【アニマルバッチコンサルテーションの進め方】
飼い主さんが気になっていたり困っている問題行動をテーマに
プチアニマルコミュニケーションを行います。

飼い主さんに動物さんとのセッション内容をご報告しながら
バッチフラワーレメディをご提案します。

飼い主さんとのコンサルテーションを行い、
飼い主さんご自身へのレメディをご提案します。

【アニマルコミュニケーション内容】
今回の場合「神経質」が1つのキーワードでしたが、
なぜ神経質になっているのか、
どんなことが気になるのかを
掘り下げて、根本原因に辿り着くことを意識しながら
楽さんとお話させていただきました。

セッション開始後、
楽さんの登場第一声は、
「固形物! 歯ごたえ!!」

胃腸の状態を回復させるため、
楽さんの食事は現在基本的に汁物ベースのゴハンなのだとか・・・。
「今は我慢だよ、まさこさんのことだからきっとスペシャルメニュー(汁物の)
を考えてくれるからね!」
と言い聞かせつつ本題へ。

繊細な気質を持つ楽さん、
家族のメンバー一人一人の状態もさることながら、
家族全体の調和(バランス)を人一倍(犬1倍)
過敏に感じ取っていることを伝えてきてくれました。

【選んだバッチフラワーレメディ】
楽さん   4種類
まさこさん 6種類
そのうち3種類は、楽さんとまさこさんに共通のレメディ、
こんなところにも、飼い主さんの気持ちが、
愛犬さんに共鳴していることが表れます。

今回は緊急対応だったため、
まさこさんとの対面バッチコンサルも
メッセンジャーのビデオ通話で行い、
それぞれのトリートメントボトルに
選んだレメディを入れたものを
クール宅急便で発送させてもらいました。
(受け取り次第、ミネラルウォーター(新品)を入れてご自宅で
オリジナルボトルを完成させていただきます)

ご自身のブログで、
どのように行動したのか、
その後どのような対応をしているのか、
とてもわかりやすく書かれています。
非常に参考になりますので、こちらもぜひご一読ください。


👇よろしければ「ポチッ」とお願いします👇

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ