黒犬ハル日和

左脳派理系女子が綴る 人 と 動物 の セルフ・ヒーリング・セラピー

アニマルコミュニケーション・レイキ・バッチフラワーで
人と動物のセルフ・ヒーリングをお手伝する Tomo Nagai です

愛情から生まれる『信頼』!

「保護犬さんホットラインセッション」として、
カイくんとお話させていただきました。

最初は、固い緊張感のようなものからなのか、
バリアのような感触を感じ取ってしまい
なかなかお話ができなかったのが、

2回目、3回目と、
辛い目にあってきたんだね、怖かったよね、
何か私にお手伝いできるかなと、
気持ちを寄り添わせることで、
少しずつお話してくれるようになりました。
(回数を重ねるごとに、少しずつほどけていっているように感じられました)

今でも、不安な気持ちが湧き上がってきたり、
怖く感じることもあるというカイくんに、
「何かできることあるかな?」と聴いたり、
「例えば、レイキヒーリングというものがあって、
カイくん自身が癒されていく助けになるかもしれないけど
どう思う?」と尋ねると、
「パパさんがいいと思うことなら(勧めるなら)やってみる」
との返事。

パパさんに何かお伝えしたいことあるかなと尋ねると、
「今をありがとう、
 ここに連れてきてくれて本当にありがとうと、
 伝えて欲しい」と。

カイくんが伝えてきてくれたのは、
クライアントさまへの、
大きな感謝の気持ちと信頼感でした。

クライアントさまである、
ヨンナナファニチャー藤本さんに、
ご報告させていただくと、

噛み癖があると言われていたカイくん、
パパさんは、
カイくんが自分の後ろを歩かれるのを
怖がるそぶりにいち早く気づいて
できるだけ後ろから近づかないようにしたり、
話しかけるときも、ゆっくりとしゃがんで話しかけたり、
「噛みたきゃ噛んでいいぞ」、
「どんなことがあっても受け止めるから大丈夫だぞ」と
根気よく接するうちに、
徐々に牙も向けなくなったとのこと。


カイくんの散歩の様子、食事の内容、
他のワンコたちとのやりとりなど、
事細かに伝えてきてくださる、
藤本さんのとても深い愛情が響いてきました。

保護犬の現状や、そのための活動についても
説明してくださり、
まだまだ不勉強な私にとって
たくさん学ばせていただきました。
ありがとうございます。


【ご感想いただきました!】
怖さ、嬉しさ、不安感はあるのに、
恨みという感情がないことを教えてもらい、
いや、確かにそうかも知れんと思いました。
これは僕にとって結構、衝撃でした。

今、うちの団体、それと共同体(僕が作った市民団体の)、
愛媛リードの会が8月7日(旧七夕)をレインボーリボン
(動物保護活動の象徴として商標登録済み)の日、
RAINBOW RIBBON DAY(日本記念日協会登録)に
亡くなったペットに想い出のペットの写真に手紙を添えて
慰霊するレインボーリボンデー慰霊祭を提案しています。

これはペットロスで苦しむ人の気持ちに区切りをつけ、
前へ進んでもらう企画です。
もし、亡くなった子の写真とセッション出来たら、
ペットロスに苦しむ人々に前向きになって
もらえるのではないかと思います。
これによって、センターで収容されている子を
新たに迎えてもらえたらと思います。
(2017/5/17 ACモニター ヨンナナファニチァー藤本さん)

ヨンナナファニチァー藤本さんの活動はこちらをごらんください!
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006322142767&fref=ts

 

<保護犬さんホットラインセッション>
現在、保護犬で、里親さんを募集している子を対象に
モニターをお引き受けくださる方を募集しています。
*お家が決まっていて、家庭犬をしている子は、
有料とさせていただいています。

<応募要項>
・セッション内容を対面でご報告させていただける方
メッセンジャーskypeのビデオ通話でのご報告も含みます)
・ご感想を含む簡単なアンケートにご協力いただける方
・ブログ掲載をさせていただける方
(プライバシーに関わるような部分は掲載いたしません)
・料金無料‼️

<お申し込みの方>
お申し込み、お問い合わせは、
こちらから必要項目をご記入して送信してください💗

👇よろしければ「ポチッ」もぜひお願いします👇

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ