読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒ハル日和

黒トイプーのハルとの同居を開始して、もうすぐ早5年。アニマルコミュニケーターとして生きとし生けるものとの対話を綴っていきたいと思います。

宇宙元年振り返り

気づけば春分

今回の春分の日は、占星術の世界では元旦を意味するそうな。

 📝 (参考)12星座の始まりである牡羊座に太陽が入る春分は、
 占星術の世界では元旦を意味しており、宇宙元旦として、
 2017年の本格的な始まりであると言われています。

気になっている3つことの関わり合いを確認したくなり、自分史年表を広げてみる(と言ってもPC上で)。

これまで、時を遡ったり、新たな出来事を追加更新したりと、歴史(年表)を1本の線として見ていたところ、今回は3つのテーマの関わり合いということで、それに関連する部分をピックアップしてみた。3つの線+その線たちの関係性を見てみたくなったのだ。因果関係だったり、相関関係だったり、あるいはそもそものトリガーだったりと、いつもとはまた違うものが浮き彫りにされたことに気を良くして、続いてちょっとスキルの棚卸にも着手。こういうのはその場ですぐの結論は出ない(出せる人もいると思うが)もので「続く」の状態ではあるのだけれど、これをベースにブラシュアップしてきゃいいかなと。

これまでだと、振り返り自体しょっちゅうではないもののやったりしてたけど、かなり単発な上に、比較的、この段階(続くの状態)でまぁいいかと満足したふりをしたり、無理やり答えにこじつけようとして頓挫したりだったのが「今、ドンピシャの結論は出てないけど、自分の掘り下げツールの1つとして、続けてみると面白いかも、もっと何か出てくるのかも」と思えるようになったのかも・・・、偉いぞ自分(笑)

ここのところ受け取っているメッセージにもつながる。

それは「やることが目的なのではなくて、何のためにやるのかが大切」ということ。
何のためにという想いがあった上で、行動を起こすことも不可欠。

やるやらないについて言えば、衝動的に行動に移すことも多々あれど、それをやり続けるかどうか(やり続けたいか)の動力源は、自分の中の「想い」であり、想いの形がどんどん変わっていったとしても、想いが尽きない限り、やり続けるのだろう。

想いがかなり大雑把すぎるので、もうちょっと目鼻立をつけてやらねば(笑)

ということで(なんの関係もないけど)、ギネス祭りをやっている近所のビアバーで、緊張しながら一人ギネス達成、うまかった😋