読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒犬ハル日和

人 と 動物 の セルフ・ヒーリング・セラピー

アニマルコミュニケーション・レイキ・バッチフラワーで
人と動物のセルフ・ヒーリングをお手伝する Tomo Nagai です

本番‼️

とうとう第4回 全日本訓練士連盟 訓練競技会の当日。

目覚ましを4時にセットしてベッドに入るも、何故か夜中2時前に目がパチリ。もう一度眠ろうかとも思いつつ、目が冴えてきて布団から出る。ハルはまだ自分のベッドで寝ぼけ眼。

昨夜は、なんだか”やらねば感覚”が前に出てたのでうまく繋がれない気がして寝てしまったものの気になっていたACのモニターセッションをせっかくだからやってみることに。ダメなら寝ようぐらいの気分で。

急に不調になったニャンコさんと、その妹ネコさんに始まって、ミニチュアダックスフントさんお二方(別々のクライアントさん)、そして友達のところのジャックラッセル嬢。あっという間に5セッション。いい意味で集中できたけど、ノートに書いていたセッションメモをwordに落としていたら、さらにどんどん時間が過ぎ、慌てて途中で切り上げてシャワーで目覚まし。超余裕の朝のはずは気づいたらバタバタになりつつも無事4時半にピックアップしてもらう。

天気予報では午後から雨。なのでその前に出場しましょうねとトレーナーさんからのアドバイス。行きはハルは私の膝の上、ちょっとウロウロしたものの寝不足だったため膝の上で仮眠状態。後部座席のクレートにはフレブルの桜さん。しかしとっても静かで物音もほとんど立てず。(実は車が苦手なんだとか)

途中コンビニでお昼を買って、5時半過ぎに秋ヶ瀬公園三ツ池グラウンド到着。6時から設営なので少し仮眠をと言いつつ、他の訓練士さんが来だしたため、トレーナーの金子さんはそのまま準備へ。私はハルとやっぱり寒いねと言いながら仮眠!と思いきや、外が気になるハルさんが落ち着かず。夜が明けてから駐車場あたりをハルとウロウロしたり、(寒いので)意を決してトイレに行ったり。

金子さんがエントリーリストや主簿をもらってきてくれたあたりから、遅まきながら、そうそう、こんな感じだったなと、だんだん去年の記憶が蘇ってきて徐々に出場モードへ。少しだけ学習して今回はマイボトルの水にはレスキューレメディを入れてきた。

ルール説明など放送が始まったあたりから、漢字をスマホで調べながら主簿を記入し、場慣れのためハルとリンク周辺をちょっと散歩。お日様も出てきていい感じに。思えば去年は雪が積もっていたのでそれに比べればとても好条件。結局、競技終了後のアトラクションの頃に少し降りかけたものの競技会終了までなんとかもってくれた。やっぱり晴れ男なのか、ハルさんは。

以下は結果:

  • エントリー:第3部 アマチュアの部 7課目
  • 主簿内容:脚側歩行(紐付き)、おまわり(左回り)、停座招呼、伏臥、お手/おかわり、股くぐり歩き、抱っこ
  • 得点:67.9点(70点満点)
  • アトラクション(50メートル走)6秒85

おまわりがうまくいかなかったのが残念だったけど、総合的によかった、去年より進歩したねと金子さん評。

最初順位が気になったけど、順位(周りと比べる)ではなくて、今回どうだったか、去年からどうだったかだなと思うと、ハルとの一体感がとても進歩したと自画自賛。これはやっぱり脚側歩行の進歩かな(まだまだちょっとよそ見しちゃうけど)。おまわり以外は頑張ったし、特に今回は招呼で飛んできてくれたのが嬉しかった。

審査員の方から頂いたコメント「飼い主がハルにやってもらってる(気を使いすぎ)感じがする。ハルがちゃんと飼い主を見て(気を使って)指示に従うような形になればもっともっと良くなる」は本当に耳が痛くて”ズバリそうでしょう”な内容だったので、審査員ってすごい!と改めて感動してしまった。ハル、母は頑張るよ、楽しみながら。来年またともに進化しようね👊

参考までにこれまでの歩み(括弧内は100点満点に換算した場合)

2015年 5種 47.1/50(94.2)
2016年 7種 66.6/70(95.1)
2017年 7種 67.9/70(97.0)

f:id:ac_bach_diary:20170206231629j:plain

f:id:ac_bach_diary:20170206231654j:plain

 

f:id:ac_bach_diary:20170206231747j:plain