黒犬ハル日和

左脳派理系女子が綴る 人 と 動物 の セルフ・ヒーリング・セラピー

久しぶりのロング散歩

🚶ここのところ私の用事での外出が多く、ゆっくりした散歩は久しぶり。

先日の温玉講習会でお会いした方から、林試の森河津桜が綺麗だという話を聞いて、俄然見に行きたくなって、昨夜のうちからハルに話した。

⛅️朝は少し薄曇りだったものの、青空も見えてきて、天気予報通り、気温もうなぎ登り。かなり厚着をしてきたため、手袋、マフラー、帽子と徐々に脱いでいくことに😁。ハルさんも半袖の上にコートを着ていたので、途中で脱コート。まるで春の陽気。

いつものハルトレ公園へ行くときの道を途中から立会川緑道をずっと進み、徒歩約30分で水車門に到着。前回初めて来たときは夏の朝、自転車で南門から入ったっけ。

🌸どの辺りに桜があるのかわからないまま、前回来ていない奥の方へと進むと広場のようなところに小さな桜色を発見🌸。まだまだ一分咲きぐらいだけど見ていて心が和む。とにかく背の高い木を見ているだけで、昔の血(林学科卒)が騒ぐのか(笑)テンション⤴︎⤴︎⤴︎。木の名前を叫んでは写真を撮っている私に、ちょっと呆れ顔をしながらも、普段嗅ぎ慣れない匂いにハルはクン活ターボON。枯葉もまだまだたくさんあるし楽しそう。数本だけど、梅も咲いていたし大満足❗️と思ったら、後で帰り道に偶然、門から境内までの細道の両脇に梅がたくさん咲いているお寺に遭遇👀 梅梅梅と思っていたから引き寄せたかな。

😌帰りは南門から出て、昔(10年以上前)住んでいたアパート前を通り、ここに住んでたときはまだ武蔵小山の駅も地上にあったんだよなとか、懐かしさを噛み締めながら再び緑道へ。トータル2時間半のロング散歩、1万歩突破となるとさすがに二人とも心地よく疲れて帰宅。(ハル談:ちょっと疲れたよ、むにゃむにゃ)

🍡またすぐにハルと来よう、河津桜が満開の頃めがけて。梅林も行きたいな。