読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒ハル日和

黒トイプーのハルとの同居を開始して、もうすぐ早5年。アニマルコミュニケーターとして生きとし生けるものとの対話を綴っていきたいと思います。

温玉パワー

🏃ハル同伴で、温玉講習会@桜みなみ鍼灸院に参加してきました

この日のために、治療の時も数回ハル同伴をさせてもらって様子を見てもらった結果、連れてきてよしとの許可をGET👍。朝から、今日は一緒に行こうねと伝えていたので、いつもならキャワキャワと騒ぎまくる私の準備中も比較的落ち着いたご様子。

😀これまでの(私の)学習で、乗り換えのタイミングで、次は何線に乗ってどこまで行くかをクレートの扉越しで伝えると、乗車中も静かに我慢していてくれるように。
(バスや電車で途中下車した過去からするとものすごい進歩だよね、ハルさん)

☀️天気は快晴、最寄駅まで無事到着し、少しお散歩をしていざ会場入り。約4時間のクラスで、途中少しウガウガキュウキュウすることもあったけど、先生含め、周囲のみなさんのご協力のおかげもあり無事一緒に受講完了。

 

と、ハルのことばかり気にしていたわけではありません。

📚温玉がどういうもので、どんな風に使うと効果的なのかを学ぶため、「自分の身体の中はどういう風になっているのか」「今どういうことが起こっているのか」「なぜそういう状態になっているのか」を具体例を挟みながら分かりやすく説明してもらうことで、今更ながら目から鱗なところがたくさんありました。

☝️西洋医学を否定するつもりはありませんが、起きてしまっている症状にだけ焦点を充てるのではなく、身体の中で何が起こっているのかを知ること、感じ取れることの大切さを痛感しました。できるなら、こういうことを義務教育で教わりたかったなぁ、今の子供たちに知っておいてほしいなぁ。

🎳温玉実技では、主要な経絡と経穴を教えてもらいながら、自分の身体でやってみたり、お隣の方の背中をお借りしたり。ただし、ツボの漢字名が難しくてすぐ忘れてしまうのが難点です💦

🐕そしていよいよワンコたちへの使い方。モデル犬さんはどこに温玉をあててもらっても何をされても唸らず怒らず羨ましいなぁとよだれが出そうな私でしたが、まずは慣れるところからと言い聞かせながら、ハルが気持ちよさそうに温玉を受けてくれている姿を妄想してました。

😅帰宅後、さすがに移動疲れで、丸まったハルの背中にそっと靴下に入れた温玉を置いてみると、いつもなら唸って去ってしまうのが、疲れ果てたせいか無言でそのまま受け入れてくれました。温玉はいいものなんだということがちょっとはわかってくれたかな。百会にはまだ無理だけど💧

✨先生、みなさま、ありがとうございました。

f:id:ac_bach_diary:20170126225736j:plain