読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒ハル日和

黒トイプーのハルとの同居を開始して、もうすぐ早5年。アニマルコミュニケーターとして生きとし生けるものとの対話を綴っていきたいと思います。

クリニックとメッセージ

1か月ぶりのクリニック受診。診察を終えて会社への手続きも済ませてものの、なんだか帰宅したくない。なぜだろう・・・。自分の部屋(家)に入ってしまう前に、もう少しこの外界で思いを巡らせたいという気持ちに素直に沿って、東工大エクセルシオールへ。カフェラテを頼もんでいると、おいしそうなエクレアが視界に飛び込んできて思わず追加注文。朝からエクレア、甘すぎず想像以上に美味😋

医師から、今回のテーマは「(これまで思考の癖に破綻をきたしてしまったので)考え方の癖を同定して、変えていくことで、行動も変えていくことですよね」と、サラッと部屋から出る直前に言われ、ハッ(遅ッ)。そうだった、というか半年経ってそやっと気づいた感じ。それまではこの人のこの態度が、とか、それで私はこう感じて、とか、結果にばかり目がいってたけど、そうだった。

ここのところ、それ系のメッセージ(結果や行為ではなく、その目的に目を向けようよ、みたいな)がいろんな方向からやってきて受け取ってる。ニブチンなのがわかってるので、私のハイヤーセルフさんはいろんな角度で矢を射ってくれているのだろう。ちゃんとどの矢も受け止めます、時間がかかっても。

f:id:ac_bach_diary:20170307115301j:plain

健康診断

ハル、5歳の健康診断へ。ついでに無麻酔歯石とりも。

詳細結果は2週間後だそうですが、まずは問題なしと言ってもらってホッと一安心。お互いゆるゆると健康生活して行こうね。

歯石とりは「まずまずお利口でしたよ」と3回くらい言われたのがちょいと気になったけど・・・。まずまずってところの行間を突っ込んだほうがよかったのかなぁ(笑)

ヨカッタヨカッタということで、今日の夕飯は卵もトッピング、召し上がれ🍴

f:id:ac_bach_diary:20170307113309j:plain

 

横浜探訪

待ち合わせは、たぶん初めて降り立った(大袈裟な!)元町中華街駅。大江戸線並みに地下深くから地上に出てきて、さらに駅構内のエスカレーターを上がると一番上のフロアはこじんまりとした結婚式場が。知人を待っている間、ディスプレイされているドレスをまじまじと見てしまった(感慨?)。

外へ出るとすぐにアメリカ山公園。いろんな木々が芽吹き始めてるのを見ながら、港の見える丘公園へ。バラは咲いてなかったけど、色とりどりのパンジーが植えられたローズガーデンを通り抜け、大佛次郎記念館を横目に、外国人墓地の横を下っていく。なんだかよくニャンコに出会う。みんなのんびり日向ぼっこモード。時折吹く風は海の近くだからか強く冷たいものの天気も良く、外国人墓地の横から坂道を降りて行って今度はランチ場所探し。雰囲気として神戸に似てるというのが印象。神戸もそんなに詳しいわけじゃないけど。海と坂と街。

外国人墓地の墓碑もいろんな形があり、日本だと樒や菊がもっぱらの仏花も、スイトピーなど華やかなお花が多くて宗教の違いもあるかもしれないけど、自由でいいなぁと妙に印象的でした。これを機に教会にも足を運んでみたいかも。

知人たちのおかげで「横浜は遠い」という思い込みが「近いじゃん」に。げに思い込みは恐ろしい、特に自分の中の思い込み。他にもたくさん埋没してる思い込みがあるはず、そして一人ではなかなかUPDATEできなくても、周囲に助けられてOVERWRITEされていくことへ感謝。

免許更新とオモチャ

ハガキが来てからちょっとほったらかしにしていた免許更新に漸く行ってきた。

タイミングが良かったみたいで、受付に行くと、待ってましたとばかりに係りの方から書類を渡され「あと5分で記入すれば、1時間待たずにすぐ説明の講習が受けられます」とのこと。記入すると言っても日付に氏名や電話番号程度。息つく間もなく視力検査、鏡を見る間のなく写真撮影、そして講習会。ビデオを見終わり、その場で免許証を受け取って終了。

普段、病院でものすごく待たされることに慣れていたからかもしれないけど、こんなこともあるのねと、意外な出来事に遭遇したかのような気持ちで帰宅すると、待望のオモチャ、スマホ用モバイルプリンターが到着⤴️

f:id:ac_bach_diary:20170227181429p:plain

そもそも欲しくなった発端は、手帳に写真を貼りたいときに、えっちらおっちらプリンターを取り出して繋いで印刷するのも大仰だし、かといっていちいちコンビニで印刷するのも手間だしと思いつつ、でも一応プリンターあるしなと一旦は留めていたところ、遠隔レイキするのに手軽に印刷できるかも! AC(アニマルコミュニケーション)にも使えるかもとまたぞろ言い訳ができたので購入。「手軽」というのがポイントかも💦

早速、設定してハルさんの写真を印刷してみてご満悦👍。こういうおもちゃに弱いんだよな(笑)手帳サイズだから持ち運びできるし、今度どこかに持って行こう。

 

レイキ

レイキ伝授レベル3。

レベル3という言葉だけ聞くと「すげー」となりますが、内心はあっという間に3か月経ってしまった「やべー」な感じ。

いつものようにハル同伴。今日は朝からお天気で風もそんなに強くかなったので運動がてら徒歩。家を出たところからかなりグイグイモードのハルさん、途中少しクン活もしつつ目的地への最後の角を曲がったらもう真っしぐら。グイグイどころかすっ飛んで行きそうな勢いで到着。

AC(アニマルコミュニケーション)だけでなく、レイキも同期生だと思ってるハルさん。座学の間は私の膝の上で睡眠学習、前半のアチューメントでも頃合いを見計らって膝の上へ。後半はベッド使用のため、先生にあの手この手ならぬ七色の声で訴えるも、そこはビシッと待てと言われシオシオ・・・でも少しするとまたまた訴えるその根性に思わず吹き出しそうに(笑)

浄化はもちろんだけど、実践を重ねることで周囲にも役立てて「ウヒョー」なレベルにしたい。

少し暗くなりつつある空の帰り道、ハルはクン活のため思いっきり電信柱ジグザグ歩行でしたが、私はなんだか満面の笑みでテクテク。前方からやってきた自転車の人にもニコニコを振りまいていたら、向こうも笑顔に。それも嬉しい。(秘技、微笑み返し?返してないけど)。

前半のアチューメントでは、色の移り変わり(白→赤→青→緑)とイメージが浮かんできたので帰宅後、描いてみた。

f:id:ac_bach_diary:20170226213641j:plain

手作り犬ごはん

アニマルコミュニケーションのレッスン受講の折、手作りごはんのことを教わり、昨年11月に手作り食へ移行。これまで食が細いわけではないものの、それほどガッツく姿を見たことなかったのが、ゴハンを用意する時点からキッチン横で「キオツケ」姿勢で出待ちするようになったハルさん。

ありがたいことに残さずパクパク、美味しそうに食べてくれて、さらにムクミも取れてきて万々歳と思っていたら、どんどん痩せてしまいかなりガリ男になってしまって、今度は体重減少に過敏になる母。呪いのようにきになる適正体重(苦笑)

グッドタイミングで開催された、手作り犬ごはんのお教室へGO。

そもそもの目的や食材についてなど基本のキを教えていただくとともに、グラム数に神経質になるのではなく1週間単位ぐらいで調整して見つけていくぐらいの寛容さが大切というアドバイスが、思いっきりストライクゾーンへビシッ。その日の夕食からは、目安を確認するために測っても、グラム数に頼りきらない方針へ変更。あとは手触りで確認。ちょっと様子を見ていこうね、ハル。

温かくアドバイスしてくださった先生と受講生の皆様に感謝。

f:id:ac_bach_diary:20170226210412j:plain

晴天の霹靂的な擬似失恋

昨日、残念なことがあった。

青天の霹靂的な擬似失恋、みたいな(どんなんや)。

イレギュラー事態が発生すると、如実にいつもの思考の癖(オタオタして頭が真っ白、自分を責める、とにかくどれが落ち度だったのかを探しまくる)が頭をもたげてくるなぁ。でもそんな風に思えるようになっただけ進歩かな。

他人と過去(起こってしまったこと)は変えられない。

どんなに自分で、もしかしてあの時のあの行動かな、あの態度かなとあれこれ思っても答えは出ない。答えは自分の中にはないから(相手の中にしかないし、しかも過去であって今ではない)。しっかり反省(自責ではなく)したら、それを生かそう。そして前へ進もう。

今の自分に必要なレメディはというと・・・

やはりトップは、pineか。どんどん自分を責めてぐるぐるしてしまうので。
すぐに動揺してぐらぐらするというところは、セラトーか、それとも感じ取りすぎてるかもでウォールナット

もう少し自分の中で消化して受け止めるにはもう少し時間がかかるのかな。

今はまだうまく文書化できないので、少し時間をとって話をしてくれた友人の比喩から浮かんだ情景でごまかしてみた。

f:id:ac_bach_diary:20170219102706j:plain